MENU TEL

肩こり

katakori
  • パソコンをしているといつも右(左)側だけ肩こりが強い!
  • 肩こりがひどくなると決まって頭痛がしてくる!
  • 目の奥が重く痛い
  • 肩が凝って吐き気がする!
  • 背中や肩甲骨周辺まで重く痛い!
  • 目が覚めた時から肩が凝っている・・・
  • 肩こりがひどくて深呼吸がうまくできない。

肩こりの原因

デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたりすると、首や肩、背中の筋肉が疲れてきます。 そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。 

また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質を溜め込む原因となります。このような筋肉の疲れが筋肉のハリやコリ、ダルさなどの症状を引き起こすのです。

肩こりを放置していると・・・こわばった筋肉が血管を圧迫すると血行不良となり、コリがひどくなります。末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれが生じてきます。

「四つ木 のぞみ整骨院」にて指圧、マッサージ、整体治療など患者さまの症状に合わせて根本からスッキリと改善させていくことをオススメいたします。

頭部、顔面の症状

首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労を生じやすくなります。
コリや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、気分が悪くなったりします。

首、肩の症状

頚椎後方にある脊椎関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、首の後ろから背中、時には胸の前方に痛みやこり、だるさ、違和感が生じます。特に多いのが首の付け根が凝る人です。

1. 僧帽筋型

2. 肩甲挙筋型

3. 棘上筋型

4. 棘下筋型

5. 大菱形筋型

6. 小菱形筋型

7. 斜角筋型

8. 頭板状筋型

9. 頸板状筋型

※これらの筋肉の複合型の方が多く見られます。

腕、手の症状

肩から手、指先までの痛み、しびれなど

肩こりの疾患

VDT症候群 (パソコン病、スマホ症候群)

長時間のパソコン作業により筋肉、神経、精神、目に現れる症状。
症状 : 首コリ、肩甲骨や背中の張り、コリ。時に頭痛や吐き気。目の奥が痛くなる(重くなる)

頚肩腕症候群

首から肩、腕にかけて痛みやシビレがある。(検査をしても異常がない場合)
症状 : 首の後ろ、肩、肩甲骨周囲のコリと腕にかけてのシビレ。

胸郭出口症候群

斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群、頸肋症候群
症状 : 物干しの時、つり革に捉った時などのシビレ、肩・肩甲骨周囲の痛み。 頚肩腕痛。

頚椎症

加齢による椎間板膨隆、骨の変形、靭帯の肥厚などが起こる。
①頚椎症性神経根症
症状 : 首から肩甲骨周囲の痛み。腕の痛みやシビレ。肩が上がらない。
②頚椎症性脊髄症
症状 : 手足のシビレ。歩行障害など

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板の内側の髄核が、外側の繊維輪を破って飛び出し、神経を圧迫して痛みが出る。
症状 : 首から腕にかけての痛み、シビレ。

頚部脊柱管狭窄症

加齢により脊柱管が狭くなり、神経を圧迫するため痛みが出る。
症状 : 首、肩周りの筋肉の硬直。腕の外側から指先までの痛みやシビレ。

葛飾区の四ツ木駅・東四つ木・東立石・四つ木などの地域にお住まいの方は「四つ木 のぞみ整骨院」へお越しください。