MENU TEL

自動車事故

交通事故にあった時、事故の当日は無症状でも、あとから障害や痛みが出てくる場合が多いです。それが後遺症です。

なかでも最も多いのが「むち打ち症」で、ぶつかったショックにより首の靭帯や筋肉、骨などがずれたり損傷したりします。これにより頭痛やめまい、吐き気、耳鳴りなど様々な症状が現れ、ひどい時は長期に渡って痛みや違和感に悩まされる場合もあります。

まずは病院で診断書をもらう

こんなとき、自分で判断せず、まずは病院で診察を受けて診断書をもらいましょう。

そのあと、葛飾区のお近くの方は「四つ木 のぞみ整骨院」で治療を受けたいと自動車保険の担当者に伝えてください。

また、事故直後の受診時で「異常なし」と診断された場合でも、翌日に痛みや違和感が現れることもあります。特に事故の日から無症状期間が長ければ長いほど後遺症が重症化(長期化)しやすいです。

全治2週間

また、「頚椎捻挫」や「全身打撲」などで「全治2週間」と診断書に記載される事が多いですが、現実は2週間ですっかり治るケースは少なく、長期間の日数を必要とする事がほとんどです。(個人差や損傷の程度があります)また、頭痛や吐き気、熱っぽいなど日常と体の調子がちがう時は、もう一度、病院か近くの「四つ木 のぞみ整骨院」で診てもらいましょう。

治療費や検査費は、保険会社が負担するため、安心して回復への治療を続けましょう。

葛飾区の四ツ木駅・東四つ木・東立石・四つ木などの地域にお住まいの方は「四つ木 のぞみ整骨院」へお越しください。