MENU TEL

2014 6月の記事一覧

浮腫 ~②原因

2014.06.28 | Category: 未分類

今回は浮腫の原因について。

 

 

 

 

何故、リンパ管の流れが悪くなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

原因として・・・

 

 

 

 

・睡眠不足、長時間座っている事が多い

 

リンパ管は血管と違い、心臓のポンプ作用で押し出す力はありません。

 

ゆっくりと全身を巡るのに12時間はかかります。

 

そのため体の末端である手足は特に組織液が滞り易いのです。

 

リンパ管は柔らかく、簡単に折れ曲がってしまうため、

 

座る時間が長かったり就寝時間が短いと末端のリンパ管が循環しづらいのです。

 

 

 

・ストレス 疲労

 

これが最も多い原因でしょう。

 

詳しいメカニズムは不明とされています。

 

ホルモンバランスが崩れたり、

 

血管が水分を通し易くなる事で引き起こすとされています。

 

 

・内臓の機能低下

 

浮腫の原因となる臓器は腎臓肝臓です。

 

これらの臓器の機能低下が起こる事で、

 

水分の排出が上手く出来ずに浮腫の原因となる場合があります。

 

 

・持病

 

これは原因がハッキリしていますね。

 

糖尿病、腎不全、急性腎炎、ネフローゼ症候群、肝硬変、膠原病

 

以上のような持病がある場合、

 

メカニズムは様々ではありますが浮腫を引き起こします。

浮腫  ~①くだり

2014.06.27 | Category: 未分類

今回は皆さんにとても身近な症状に焦点をあてていきます。

 

むくみ

 

  

についてお話していきましょう。

 

 

気圧の変化や季節の変わり目は、手足が浮腫み易いという方も多いかと思います。

 

特に女性の方は浮腫む事で足が太く見えたりで気にされますね。

 

 

「むくみ」とは正式名称では、「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれています。

 

 

 

 

 

この浮腫の原因となる物は水分なのです。

 

 

 

人間の体は

 

水分が約60%(細胞内の水分、血液、組織液(間質液))

 

その他の栄養物質が約40%

 

 

この比率で構成されています。

 

 

浮腫みの原因となるのは

 

体内の15%程度の細胞外にある「組織液」と呼ばれる物です。

 

 

 

組織液とは細胞の周りの水分であり、血管から滲み出た水分を指します。

 

組織液は細胞への栄養・酸素の供給や細胞の老廃物を排出する役割を担います。

 

 

 

この組織液は上記で挙げた仕事を終えた後は静脈血管へ吸収され、

 

余った水分はリンパ管と呼ばれる所へ流されます。

 

例えるならば、リンパ管は人の下水道のような物ですね。

 

 

 

 

健康な人は組織液が出る量と排出する量が同じなのですが、

 

何らかの原因でリンパ管へ流れる組織液の量が

 

減る事で細胞に組織液が残ってしまいます。

 

 

結果的に細胞が組織液を含み続け、

 

本来の大きさよりも大きく膨らんでしまうのです。

 

 

 

これが浮腫みと呼ばれる症状なのです。