MENU TEL

ブログ記事

成長ホルモン ~②効果

2013.08.14 | Category: 未分類

今回は成長ホルモンの効果について。

 

 

 

 

 

成長ホルモンは、文字通り、

 

人体の生成を促す作用を持つホルモンで、脳の下垂体で分泌されるとされます。

 

 

 

正式名称は

 

「ヒト成長ホルモン(HGH)」

 

 

 

 

 

 

・身長(骨)を伸ばす

 

成長ホルモンが働きかけ、

 

肝臓から分泌された物質が骨の生成を促します。

 

 

 

 

 

 

・筋肉を作る(修復を早める)

 

筋肉は運動により筋繊維が壊され、

 

筋繊維を修復する際に強く太い筋繊維を作っていきます。

 

成長ホルモンはその筋繊維の修復を促し、

 

より効果的な筋力アップに繋げる効果があります。

 

 

 

 

 

・肌をキメ細やかに若く保つ

 

成長ホルモンは様々な器官の細胞分裂を促します。

 

これは皆さんも聞き覚えのある「新陳代謝」と呼び、肌の生成もその一つです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は成長ホルモンが、

 

十分に分泌されていないと上手く吸収出来ないのです。

 

 

 

 

 

・バストアップ(女性のみ)

 

女性の乳房は、ラクトゲン受容体という細胞と成長ホルモンの2つが

 

大きさを左右します。ラクトゲン受容体は成長ホルモンの刺激により肥大化します。

 

どちらかが欠乏すると大きくなりません。

 

 

 

 

・男性機能回復(男性のみ)

 

成長ホルモンの働きにより、

 

生殖機能を高め精子の製造を助ける作用があるとされています。

 

同時に性ホルモンの分泌も促すため、若々しさを保つ事が出来ます。

 

 

 

 

・太りにくい身体にする

 

成長ホルモンは、炭水化物、たんぱく質、脂質の分解を助けます。

 

結果的に基礎代謝量を上げる役割も果たしています。

 

 

 

10代の頃はどんなに食べても太らなかった・・・。

 

というのは成長ホルモンの分泌が活発だったためです。