MENU TEL

ブログ記事

クーラー病(冷房病) ~①くだり

2013.08.06 | Category: 疾患

今回からは新しい話題でお話をしていきます。

 

 

 

夏も真っ只中・・・。自宅、会社など様々な場所であるもの。

 

夏場ならでは、誰しもが起こる可能性のある病気です。

 

 

 

クーラー病(冷房病)

 

 

についてのお話です。

 

 

 

 

 

近年、地球温暖化の影響で昔よりもクーラーの需要も増えました。

 

 

 

涼しくて快適。熱中症予防に必須!

 

 

それも過ぎてしまうと健康被害へと繋がります。

 

 

 

 

冷房病というものは、日本に出てきたのは昭和35年頃の高度成長期。

 

 

 

現在では家庭では90%以上の普及率となり、

 

クーラーがついていない場所が珍しい。という状態になっています。

 

 

 

冷房病と呼ばれるものは、冷たい風により長時間身体が冷やされることが原因。

 

皮膚の下の毛細血管や分泌する汗腺に異常が起きて、体温が急激に低下します。

 

 

 

体温が低下し、毛細血管の収縮が起こった結果として、

 

全身の血行不良と同時に、自律神経がうまく働かなくなり、

 

身体に様々な症状を引き起こすとされる病気なのです。