MENU TEL

ブログ記事

挫傷 ~⑦予防法

2013.08.03 | Category: 未分類

挫傷シリーズの最終回!

 

 

 

今回は筋挫傷を防ぐための予防法をお話しましょう。

 

 

 

 

 

介達性外力による筋挫傷に対しては、

 

以前お話した通り自身の筋肉の力が原因で引き起こるものです。

 

 

 

大概のケースは筋肉の柔軟性不足から起こります。

 

御自身で対策することでリスクを抑えることが可能です。

 

 

 

柔軟体操などの準備体操が効果的です。

 

 

 

十分な準備運動でストレッチなどを行い、筋肉の柔軟性を高めることで

 

一時的な強い筋力による力の筋肉にかかる負荷を抑えることが出来ます。

 

 

 

 

 

直達性外力による筋挫傷に対しては予期せぬ衝撃が原因であることから、

 

残念ながら予防法と呼べるものはありません。。

 

 

 

 

 

 

怪我してしまうと、軽い症状であったとしても

 

1週間は動きを制限されてしまいますから、

 

激しい運動をする際には十分な準備運動をした後に行なうようにしましょう♪