MENU TEL

ブログ記事

挫傷 ~④筋挫傷-介達性外力による筋挫傷

2013.07.31 | Category: 未分類

今回は前回の続きをそのままどうぞ。

 

 

 

 

 

・介達性外力による筋挫傷

 

 

 筋肉の過伸張、又は筋肉自体の緊縮力による力で起こるものを指します。

 

症状が重くなると、肉離れ(筋肉、筋膜の部分損傷)となります。

 

 

筋肉の急激な牽引に対し、物理的に弱い箇所でこの筋挫傷は起こりやすく、

 

筋肉、筋膜、あるいは筋肉と腱の移行部で損傷を起こします。

 

 

 

 

主な原因は運動中に無理な力がかかった際に起こりますが、

 

日常生活や作業中のアクシデントの中でも起こることがあります。

 

 

 

 

肉離れとは、筋肉の断裂や筋肉を覆う筋膜の部分損傷のことで、

主に筋肉と腱の移行部や筋肉が骨に付着する近辺で多く起こります。

 

 

発生する部位にもよりますが、

 

断裂した筋組織の修復に6週間~8週間を要し、

 

リハビリを含める回復期間は大体3ヶ月~半年程度かかることも。

 

 

 

 

 

筋違いとは、筋肉の一過性の硬直、

 

もしくは炎症による一時的な筋運動の障害のことです。

 

介達性外力による肉離れ以外の筋違いや筋挫傷の場合は

 

比較的軽症な場合が多く、大概は4~5日程度。

 

大体1週間以内で回復するとされています。