MENU TEL

ブログ記事

血圧 ~②正常血圧

2013.07.18 | Category: 未分類

前回は血圧とは何か。というお話をしました。

 

 

 

今回は血圧が健康とされる正常な血圧

 

 

正常血圧についてのお話です。

 

 

 

 

正常血圧とは、上が130mmHg未満で、下が85mmHg未満の状態を指します。

 

 

上 : 最大血圧といい、心臓が血液を 送り出して収縮している「収縮期血圧」のこと
   

 

下 : 最小血圧といい、心臓が元に戻り拡張している状態の拡張期血圧のこと。

 

 

 

 

正常血圧値でも、理想の値(至適血圧)は上が120mmHg未満、下が80mmHg未満で

 

人間の血管に一番負担の少ない状態といえます。 

 

 

 

 

正常血圧値よりやや高い数値である

 

上:140mmHg未満 下:90mmHg未満 の数値を正常高値血圧値と呼びます。

 

高血圧予備軍とされます。

 

 

 

 

それ以上である、上:140mmHg以上 下:90mmHg以上 の数値を

 

高血圧と呼び、 血管に高い圧力が慢性的にかかっている状態になります。

 

 

 

特に下の数値が高い場合は注意が必要です。

 

 

最小血圧が高いということは、常に血管に圧力かかり続けていることを指すからです。

 

この際は、動脈硬化の恐れがあるため、

 

迷わず医療機関に掛かりましょう。