MENU TEL

ブログ記事

タバコ ~③煙

2013.07.09 | Category: 未分類

前回はタバコの害についてお話をしました。

 

今回はタバコの煙に関してのお話です。

 

 

前回にタバコには

 

ニコチン、タール、一酸化炭素等様々な有害物質が含まれているとお話しましたが、

 

その物質は、煙となって体内に取り込まれていきます。

 

 

 

 

タバコの煙には

 

 

 

・主流煙

 

喫煙者がタバコの煙を吸入する際に、生じる煙です。

 

タバコを吸う時に回りの空気を取り込み、火種が高い温度で燃焼します。

 

火種が赤く燃える事が特徴といえます。

 

 

 

 

・副流煙

 

喫煙者がタバコの吸入をしていない時間に、生じる煙です。

 

主流煙と違い、低い温度で不完全燃焼しているため有害物質が多く出ます。

 

 

モクモクと白い煙が出る事が特徴といえます。

 

 

煙にはこの2種類があります。

 

 

 

 

 

 

また、この2種類の煙を合わせて

 

 

環境タバコ煙

 

 

 

と呼びます。