MENU TEL

ブログ記事

便秘 ~②種類

2013.05.29 | Category: 疾患

前回は便秘とは何たるか。とお話してきました。

 

今回は便秘の種類についてです。

 

 

 

便秘は大類すると

 

 

 

腸そのものに通過障害があるとされる

 

・器質性便秘

 

 

 

排便に関わる機能や自律神経に原因があるとされる

 

・機能性便秘

 

 

この2種類に分ける事が出来ます。

 

 

 

 

・器質性便秘

 

便の通り道である消化管は

 

胃⇒小腸⇒大腸⇒肛門

 

このどれかに物理的な障害がある事で起こる便秘。

 

先天的(生まれつき腸管の異常)

 

後天的(腸管壁のポリープ等)

 

これが原因となり、便が腸管を通りにくくなる事によって生じます。

 

 

 

 

 

 

・機能性便秘

 

機能性便秘は急性便秘慢性便秘に分ける事が出来ます。

 

 

急性便秘

 

食生活の変化や精神面が原因で起こる、一時的な便秘の事。

 

ダイエットなどの何らかの要因で

 

急激に食事や水分の摂取量が減った際に起こります。

 

女性の場合は妊娠したり、月経の前に発症します。

 

急性便秘は原因を解決する事で治ります。

 

 

 

 

慢性便秘

 

比較的長期に渡って続く、大腸の機能異常に基づく便秘の事。

 

慢性便秘は更に細かく分けると、

 

弛緩性便秘 ・ 直腸性(習慣性)便秘 ・ 痙攣性便秘

 

この3つに分かれます。

 

 

 

便秘の大半はこの機能性便秘に当てはまります。