MENU TEL

ブログ記事

高血圧 ~④治療法

2013.05.15 | Category: 疾患

今回は高血圧の治療法について。

 

 

 

高血圧の治療法は現在は投薬治療がメインとなっています。

 

 

主に使われる種類は以下の通りです。

 

 

 

 

 

・自律神経系 ・・・ アドレナリン受容体遮断薬

 

以前に高血圧の原因の部分でストレスや環境面に触れましたが、

 

血管の収縮や弛緩は自律神経に影響を受けます。

 

自律神経に作用する薬ですが、

 

かなり難しいお話になってしまうため、ザックリと。

 

・血管を収縮させる

・アドレナリン抑制

・心臓や腎臓に働きかける

・気管支を拡張させ、血管を穏やかに弛緩させる

 

 
大きく分けて、 4種類ある 薬を必要に応じて投与します。

 

 

 

 

・ホルモン系 ・・・ アンジオテンシン機能抑制薬

 

アンジオテンシンとは腎臓から分泌されるレニンという物質が

 

血液中の成分と反応する事で作り出されます。

 

アンジオテンシンは強い血圧上昇作用があります。

 

 

 

この物質を作り出す事を防いだり、

 

物質の働きを抑えるのがこの薬の特徴です。

 

 

 

 

 

・尿量調整系 ・・・ 降圧利尿剤

 

主に浮腫の治療で使われる薬です。

 

名の通り、排尿を促すのが主な作用です。

 

排尿により体液量を減少させ、血圧の降下作用が見込めます。

 

また、腎臓で尿細管でナトリウム(塩分)の再吸収を抑えます。

 

水分貯蓄を抑える事で循環血液量が減少し、降圧降下が得られるのです。