MENU TEL

ブログ記事

浮腫 ~④注意点

2013.04.26 | Category: 未分類

前回は浮腫の治療法について触れてきました。

 

 

今回は浮腫についての注意点を挙げておきましょう。

 

 

 

 

疲労などの外的要因の浮腫に関して

 

「疲労が抜ければ大丈夫。」

 

と軽視される事が多いですが、そのまま放置しておくのは実は危険なのです。

 

 

 

疲労が原因の浮腫の多くは

 

長時間座っていたり、立ってばかりいる方に見られます。

 

 

 

これを長期間放置しておく事で、

 

静脈瘤(下肢静脈瘤)が出来てしまう危険性があるのです。

 

 

静脈瘤とは・・・

 

血管の静脈の壁が薄くなり、

 

その血管が膨む事で発症する循環器病です。

 

 

 

下肢で起こった場合は、足のダルさの自覚症状に加えて、

 

色素沈着(皮膚が青黒くなる)・潰瘍などの皮膚病変を起こします。

 

 

 

 

 

初期段階であれば、保存療法(マッサージ)で回復を望めますが、

 

症状が進むと最終的には手術が必要になってしまいます。

 

 

 

 

何事にも早めの対処が必要ですね。