MENU TEL

ブログ記事

入浴法 ~④入浴剤のすすめ

2013.04.12 | Category: 未分類

入浴法とは少しズレてしまいますが、

 

今回は入浴剤について!

 

 

 

ドラックストアに行くと様々な入浴剤が置かれており、

 

どれを買おうか迷ってしまいますね。

 

 

パッケージの裏側に書かれている科学成分は

 

果たしてどのような効果があるのでしょうか。

 

 

 

大きく分けて4種類あります。

 

 

無機塩類系

 

文字の通り、塩分を含む入浴剤です。

 

皮膚に膜を張る事で放熱を防ぎます。

 

簡単に言うと湯冷めしにくい成分なのです。

 

 

一緒に配合されている硫酸ナトリウムは皮膚の修復を助けてくれます。

 

湯冷めし易い、あせも・あかぎれ等肌トラブルのある方へお勧め出来ます。

 

 

 

 

 

炭酸ガス系

 

炭酸ガスが含む入浴剤です。

 

炭酸ガスが体内に入ると、血管を拡げてくれる作用があります。

 

血管が拡がると、血圧が下がり、血流量が増えます

 

同時に新陳代謝を高め、疲れや痛みを取り除いてくれます。

 

低血圧、お疲れの方へお勧めしたい入浴剤ですね。

 

 

 

薬用植物系

 

よく皆様が耳にする、「生薬」を配合した入浴剤です。

 

様々な生薬がありますが、主に血行促進、湯冷め防止があります。

 

詳しいメカニズムは完全に解明はされていない生薬ですが、効果は高いと言えます。

 

 

 

スキンケア系

 

最近注目されている入浴剤成分です。

 

名の通り、セラミド等肌のケアを目的とした成分が含まれています。

 

冬場の乾燥を防いだり、皮膚の修復を助けてくれます。

 

特徴としてお風呂あがりは肌がシットリとした肌触りになります。

 

 

乾燥肌、肌トラブルをお持ちの方へお勧め出来るといえるでしょう。

 

 

 

 

4種類挙げてみましたが、それぞれ特化した効果があると言えます。

 

 

 

どれも効能は良いものばかりです。

 

用途・好みで選ぶと良いでしょう。