MENU TEL

ブログ記事

膝の悩み ~変形性膝間接症

2013.02.27 | Category: 未分類

少しずつですが日足も伸び始め、春の訪れが感じられますが、 
 

朝晩の寒さもまだまだ残っています。

 

冷えや気圧の変化などによって

 

体の節々が痛む方が多いのではないでしょうか。
 

 

 

 
さて、今回は膝の痛みについて。
 
 
 
膝の症状で最も多いとされているのが

 

変形性膝関節症というものです。
 
 

 

 

一般的に、変形性膝関節症は老化現象の1つと呼ばれています。

 

老化現象のように一度発症すると後戻りできない変化が徐々に進行していきます。

 

しかし、発症も進行も年齢だけが原因ではありません。

 

 

 

生物の関節というものは、骨の表面を軟骨に覆われています。

 

軟骨は水分が70~80%を占め弾力性に富んでおり、

 

骨への衝撃を和らげるクッションの役割を果たしています。

 

 
 

この軟骨が加齢 、 膝を酷使する動作(スポーツ・仕事) 、 外傷(交通事故や怪我)

 
様々な理由により、軟骨が磨り減ってしまいます。

 

 

骨と骨との隙間が狭くなる事で骨と骨が擦れ合い

 

靭帯、関節包の周辺組織が刺激され、炎症が起きる事で痛みを感じるようになります。

 

これが変形性膝関節症のメカニズムです。

 

 

 
ちなみに男性と女性で発症する比率は1:4と女性のほうが多くみられます。

 

膝関節を支える筋肉量が少ないことや、

 

O脚・X脚の人が多いなどが原因と考えられています。