MENU TEL

ブログ記事

忍び寄る花粉

2013.02.20 | Category: 未分類

連日ニュースで中国の大気汚染が叫ばれ、

 

PM2.5への注意を呼びかけられてますね。

 

 

 

本日からは少し関係性のある

 

皆様を苦しめるであろう存在「花粉」について触れていきます。

 

 

 

花粉症の原因となる花粉は60種類以上の植物があります。

 

これからの季節 日本で主流となるのは

 

スギ

ヒノキ

 

総称され、「スギ・ヒノキ花粉」とも呼ばれています。

 

 

 

 

本来花粉という物は、人間は体内に取り込んでも無害な存在です。

 

 

 

現代の人々は様々なストレス、環境問題、体質等様々な要因にて、

 

免疫機能のバランスが崩れアレルギー反応が起こります。

 

このアレルギー反応が無害であるはずの花粉にも働きかけ、

 

体内にある花粉を排除しようと、攻撃を始めます。

 

 

これが花粉症のメカニズムです。

 

 

 

この攻撃を繰り返した結果が、

 

人々を苦しめる花粉症の 症状 となります。

 

くしゃみ  鼻水 鼻づまり

目の痒み、充血 

 

呼吸器に関わる症状が多く、原因となる花粉の散布が終わるまで、

 

辛い期間が続く事になります・・・。

 

 

 

次回からは治療、予防等紹介して参ります。