MENU TEL

ブログ記事

関節リウマチ ~⑦治療法(手術療法)

2014.07.31 | Category: 未分類

今回は関節リウマチの治療法の一つである

 

 

手術療法についてです。

 

 

 

 

 

薬物療法やリハビリテーションを行なったにも関わらず、痛みが強く残ってしまう。

 

そんな方が対象とされるのが、基本的な手術療法の考え方です。

 

 

 

手術療法は大きく2つに分類されます。

 

 

 

 

 

・滑膜切除術

 

炎症を起こし腫れてしまった滑膜は、痛みの直接の原因となります。

 

滑膜切除術は名前の通り、滑膜を手術により取り除きます。

 

滑膜切除術を行なうことで、関節の腫れや痛みを大幅に軽減することもあります。

 

また、術後は薬の量も減らしていくことが期待出来ます。

 

 

 

 

 

 

・機能再建手術

 

この機能再建手術は、基本的には最終手段となります。

 

病気が進行してしまい、関節が破壊された際に取られます。

 

この手術は破壊されてしまった関節を取り除き、

 

人工関節を手術により移植する方法です。

 

 

 

それぞれ、膝関節、股関節、肩関節など

 

様々な箇所の人工関節が現代ではあります。

 

人工関節は15年~20年は安定した動きをすると言われています。

 

 

機能再建手術を行なう事で、

 

日常生活に支障のないレベルまで回復することが可能となります。