MENU TEL

ブログ記事

逆流性食道炎 ~④治療

2014.03.28 | Category: 未分類

今回は治療法について。

 

 

 

逆流性食道炎は胸やけや寝起きの不快感が大半です。

 

それ故に放置しがちな病気ですが、食道を胃酸が刺激し続けることで

 

組織の破壊と再生を繰り返すことで組織が変質していきます。

 

 

結果として

 

食道がん

 

この危険な病を患うリスクが上がってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

・生活習慣の見直し

 

逆流性食道炎の原因の殆どが不規則な生活や偏った食生活です。

 

この根本的な原因を取り除くために必要となるのが、生活習慣の見直しです。

 

一日のサイクル(「食事」、「睡眠」の時間)を規則化し、

 

バランスの良い食事を摂り、就寝時間の3時間以内には食べない。

 

 

以上の点を改善する必要があります。

 

 

 

 

 

・薬物療法

 

基本的には逆流性食道炎は生活習慣の見直しと、

 

この薬物療法で大半が治療出来ます。

 

 

薬の種類は大きく分けて4つあります。

 

 

「胃酸の分泌を抑える」

 

「食道の粘膜を保護する」

 

「胃酸を中和する」

 

 

以上のような働きを必要に応じて、複数組み合わせて治療していきます。

 

しかしながら、現在の薬では胃酸の逆流を薬で抑えることは出来ません。 

 

 

 

 

 

 

・手術

 

これは最終手段です。

 

生活習慣の見直しや、薬物療法を行なっても改善がみられない場合

 

又は構造上の問題があると判断された場合、

 

手術による治療を行ないます。

 

 

最近は内視鏡の一種である、「腹腔鏡」を使うことが多くなっています。